Site Loader

最近の、シェアオフィス、コワーキングスペースの拡大、社会全体でのテレワークの推進もあり、わざわざ自分でオフィスを用意する必要があるかねという疑問に対して、オフィスを構えた側として、実感しているメリットをご紹介します。

最初に書いてしまいますが、個人的な感想としては、数十人規模になるまではいらないのかなと思います。

・場所の選択肢が多い
法人として入居可能な物件であればかまわないので、自分の好きな場所に決められます。
(法人登記可能な物件は限定されますが、登記はバーチャルオフィスでするという手もありますし)

・レイアウトが自由
机や椅子を好きなレイアウトに設置することが出来ます。
気分変えたい時や季節によって変えたり自由自在です。

・机や椅子などを好きなものを使える
何気に重要で、オフィスにいる間は、椅子に座って机に向かことが多いはずなので、気にしたほうがいいと思います。こだわりを発揮できます。

・外部ディスプレイやデスクトップPCも利用可
持ち歩きを気にしなくていいので、大きな外部ディスプレイを使ったり、金額が安く性能の高いデスクトップPCで仕事をしたり出来ます。

・BGMを流せる
ただし!オフィスにいる人達みんなが嫌でないものを流す必要があります。

・物を置いておける
お昼を食べたり、ちょっとコーヒーを買いに外出する時に、荷物を持っていく必要がありません。
トイレ時も荷物を一旦片付けて持っていったりする必要がないのです。

・空調の調整が出来る
暑ければ上着を脱ぎ、寒ければ上着を着たり・・・しなくても、空調を調整すればいいのです。

・重要な書類などの貴重品管理が楽
鍵付きのロッカーを購入して、そこに入れておけます。必要な時に取り出して使えばいいので、邪魔にもならないし、安全です。

・飲み物自由
冷蔵庫を用意すれば冷たいままキープすることもできますし、お湯を沸かして好きな飲み物を作ることもできます。

・好きに使える
例えば、めでたい事があった時にお祝いをしたりできます。

・鍵を持っていれば24時間365日利用可能。深夜でも利用可。
これがけっこう重要で、仕事していたら遅くなってしまったとか、早朝から仕事したい時とか、たまにあると思うのです。
障害が発生してる時とかもですね。

・多少音を出しても、気にしなくていい。
大きな音を出すのは当然NGですが、周りの人を気にしないで、重要な情報を含む話をすることが出来ます。
その場の話だけでなく、電話も気兼ねなく出来ます。

・物を置きっぱなしでいい。
仕事に使うパソコンや本など、毎日持ち帰ったりしなくていいのです。

・壁に何か貼ってもいい。
賃貸だと気を使いますが、出来なくもないです。
カレンダーを貼ったり、やる気の出るポスターを貼ったり。

・人が来ても大丈夫
会議室や応接室がなくても、クローズドな場所で話をする事はできます。
急遽来訪の予定が入ったけど、どうしようといったことがありません。


Corporate Team