Site Loader

骨折しギブスをした状態で、生活をなんとかしてやってくために、便利だったものをご紹介します。

1.通販とネットスーパー
これがないと話になりません。
宅配の方も、事情を説明して、お願いすれば、嫌な顔しないで(むしろ気遣ってもらえます)玄関の中まで運んでもらえますので、ここは意地を張らず頼りましょう。

2.使い捨て道具
食事が不便になるだけでなく、食後の後片付けが困難になります。
それを回避するために、使い捨て出来る「紙コップ、皿、フォーク、スプーン」が非常に約に立ちました。
ただし、使い捨てのフォークは食べ物に突き刺して食べるには弱々しいので、スチール製などしっかりとしたフォークも別途あると便利です。フォークだったら片手でも洗えますので。

3.ペットボトルを開ける道具
通販で買ってもいいですが、100円ショップにあるもので十分使えます。
ただし、当たり外れがあるので注意!
↓のようなタイプがおすすめです。

4.制汗スプレーやシャワーシート
入浴間隔があくため。
自分のリフレッシュと、職場や通勤時に嫌な匂いを振りまくことの防止になります。

5.化粧水を含んだコットン
顔を洗うことも困難になりますが、それは↑のシートでカバーするとして、洗った後のケアが困難になります。
何もケアしていない状態が続くと、肌の調子も悪くなってきますので、なんらかのケアはしておきたいですね!

好評につき売切れです

不便な中でも多少は便利になるように、色々なサービス、ものを活用して乗り切っていきましょー!


Corporate Team