Site Loader

子供が生まれてしばらくの間は、育児に夢中で(夢中というより必死という表現が正しいかも!?)、自分のケアは後回しになりがち。
肩や腰はバッキバキ、さらに、髪も肌もボロボロで、鏡に映った自分の姿にビックリしてしまうことも。
子育てで忙しいからしょうがないとはいえ、できれば子供のためにも健康でキレイなママでいたいですよね。

私が8年のママ歴をかけてたどり着いた(ちょっと大袈裟かも)「30分のバスタイムで自分を徹底的にケアする究極の方法」を紹介しちゃいます。
お子さんがテレビを見ている隙や寝た後に毎日30分頑張るもよし、ちょっとそれは難しいな~というママは週1回パパに子供を見てもらってゆっくり入るもよし・・・。
もちろん、ママじゃなくても、忙しい女性でも、もっと言うと男性がやってもOKです!

■短時間の入浴でめいっぱいデトックス!
手っ取り早く汗をかくには、温冷浴!
軽く汗が出るまで浴槽につかったら、冷水シャワーを浴びます。最初は「ちょっとぬるいかな」くらいでOK。慣れるにしたがって温度を下げていってください。
特に、首、肩甲骨、脇の下、腰(腎臓)の辺りに冷水をあてると、褐色脂肪細胞が刺激されて痩せやすくなるそう。ちなみに私は、体の前面にはほとんどあてていません。寒いから!
この温冷浴は2~3セットくらいできると◎です!
※いきなり無理をして冷水をあてると体に負担がかかるので気をつけてください。
※特に心臓などに持病のある方はお医者さんに相談してくださいね。

浴槽に浸かっている間はヒマなのでマッサージもします。
手でリンパを流してあげてもいいですし、私はお風呂でも使えるコロコロローラーでセルライトができやすい太ももなどをコロコロしています。
これが適度な運動にもなって、さらに発汗を促してくれる気がします。
でも、やりすぎると手が疲れるので、ほどほどに・・・。

★なかなか汗がかけない人は・・・・・・
汗が出るまで時間がかかる人には、エプソムソルトという入浴剤がオススメです。
5分も浸かれば玉のような汗が!!3kgで1500円とお財布にもやさしく、ソルトといえども塩ではないので、追い炊きや、残り湯を洗濯に使うのもOK、というスグレモノなのです。
ただし、本当にたっぷり汗をかくので、長湯はNG!(目安は20分とのこと)
お風呂上りの水分補給も忘れずに。

■温冷浴の合間に・・・効率的にヘアケア!
ヘアケアといえばトリートメントが欠かせません。面倒だけれど、やるのとやらないのとでは髪のしっとり感・ツヤがやっぱり違ってきます。
温冷浴の間の5分でいいので、ぜひやってみてください。オススメは、シャワーキャップをかぶること!同じ5分でもトリートメント効果が格段にアップしますよ。
ちなみに私は、サロンで使われているハホニコのラメイプロトメントというトリートメント。アルミじんわりキャップをかぶっています。

好評につき売切れです

■温冷浴の合間にヘアケアしながら、さらにフェイスケアも!
洗顔フォームをたっぷり泡立てて、黒ずみができやすい鼻・あごなどに乗せたまま浴槽に入っています。
顔全体に乗せてもいいのですが、温冷浴で汗をかいたときに、おでこやまぶたに乗せたものが垂れてきて目に入るので、目から下だけにしておくほうが良いと思います。

■さらに入浴後のオススメ
髪をある程度タオルドライしたら、ドライヤーの前に、ミルボンディーセスのエルジューダ エマルジョンを毛先につけてから乾かすと、毛先も指どおり滑らかな仕上がりになります!香りもとってもよくて癒されます♡

ちなみに、ドライヤー選びもポイントがありまして・・・私が使っているのはPanasonicのナノケアのドライヤーEH-NA-96
はっきりいって、お値段は高かったですよ。。ドライヤーなんて2000円前後からあるのにこんなに高いものはどうなんだろうと思いながら購入したのですが、結果的にコスパ◎でした!

まず、風量が強くて乾くのがとても早い!忙しいママには大助かりです。
それから、ナノケアだけあって、びっくりするくらい髪がつるつる・・・いや、トゥルットゥルになります!
まだ髪が濡れているときはパワフルな温風で乾かして、だいたい乾いてきたら、温風と冷風を自動で切り替えてくれるモードに変えます。そうすると髪につやが出てきて、天使の輪が♡
室温を感知して温度を調節してくれているらしく、髪が過度に加熱されるようなこともありません。
私はあまり使っていないのですが、スカルプモードにすると地肌を適度にあたためてくれてさらに髪に潤いが出るそうです。

忘れてはならないのは、ドライヤーで髪を乾かしている時間も有効活用すること!
私は、顔にローションパックをしながら髪を乾かしています。
本当はここにスクワットも追加したいのですが、それは今後の課題です!(体力的に)

【まとめ】
まとめると、順番はこんなかんじです。
1)まず髪の毛を洗ってトリートメントを髪に塗布し、シャワーキャップをかぶる。
2)エプソムソルトを入れたお湯に5~10分浸かる。
3)浴槽から出て冷水シャワー。トリートメントを流して体を洗う。
4)再びお湯に5分ほど浸かる。
5)冷水シャワーで肌を引き締めてあがる。
6)水分をしっかり補給。
7)フェイスパックしながらタオルで髪を乾かし、毛先に洗い流さないトリートメントをつける。
8)ドライヤーで髪をしっかり乾かす。


Mitsuyo Onuma